トップページ部活動目次 ⇔ 演劇部

演 劇


平成28年度山手城南地区大会(9月24日・金)

 今年も蒲田にある日本工学院専門学校をお借りして東京都高等学校演劇連盟主催の山手城南地区大会が開催されました。
今年は本校演劇部のオリジナル作品『Where is our “other” summer?』を上演し、奨励賞を受賞することが出来ました。
応援していただいた皆様ありがとうございました。


 
 
☆平成29年度の活動
現在部員数
(2017年7月)
1年生2名(男0・女2)
2年生1名(男0・女1)
3年生8名(男1・女7) の計11名
活動日 毎週月・火・水・土
主な公式発表の場 地区大会、校内公演年2回 

平成26年度山手城南地区大会(9月21日 日曜日)

今年も地区大会Aグループは蒲田の日本工学院専門学校をお借りして
行いました。青高演劇部は「時代屋  Perfume -第三幕-」を上演しました。
多くの方にご観劇いただきました。ありがとうございました。




お隣の國學院高校演劇部との合同練習後の記念撮影



地区大会上演終了後の記念撮影

 演劇部は伝統ある部活の一つです。

 伝統とは、先輩たちが築き、私たちが受け継いでいる、形には見えにくいプライドです。演劇部のOB・OGの中には、現在も劇団やエンターテインメントの世界で活躍している方がたくさんいます。その輝きぶりに敬意をあらわしながら現在の私たち演劇部は、年3回の公演に全力を注いでいます。

 男女ともに、初心者でも大丈夫です!基礎練習(発声・柔軟運動・体力作り・演技基礎)を積み重ねていきますから。その上で、各公演に向けた稽古をしていきます もちろん、舞台美術や照明・音響などの作業も、自分たちでやります。基礎から応用、そして実演までを手作りで体験できる、これほど充実した部活はありません!

 また、演劇部は、東京都の地区大会への出場もしています。活躍の場は学内にとどまらず非常に広いものがあります。

 演劇部の部員は単なる歯車ではなく、重要なキャストであり、スタッフです。互いの能力を尊敬しているからこその一致団結が自慢です。仲良く、和気あいあいと取り組む雰囲気が、演劇部の最大の特徴といえます。私たちは常にもっと多くの新しい仲間を求めています。

 青高で自分の可能性を掘り起こし、個性を磨き、輝かしい高校生活を送れたと胸を張ってみたいという方は、是非一度演劇都に足を運んでみてください!愉快な仲間が待っています!

 ともに演劇を学び、築き、楽しみましょう。やり遂げた時の達成感はきっと、あなたの青高での宝物となるでしょう.最後まで読んでくれてありがとうございました。この続きは、実際に演劇部に来てから話をしましょうね。

☆演劇部の活動報告
  平成22年度 山手城南地区大会 奨励賞
    「渋谷でもらった不思議な木の実の話」 加藤のりや作
  平成21年度 山手城南地区大会 奨励賞
    「モンタージュ〜はじまりの記憶」 伊沢麻紀・高泉淳子作
  平成20年度 山手城南地区大会 奨励賞
    「祭より今宵だけは寂しげに〜銀河鉄道と夜」 加藤純・清水洋史作 

 
 
23年10月8日 校内公演
「いつかどこかで」 生徒創作



 

2016.8.5更新

(C) 2002- Tokyo Metropolitan Aoyama Senior High School, All rights reserved.